fc2ブログ
Listen To The Music
スモール・フェイセス The Small Faces
2006年12月17日 (日) 09:59 | 編集
スモール・フェイセスは1960年代に活躍したモッズ・バンド。メンバーは、スティーヴ・マリオット、ロニー・レイン、ケニー・ジョーンズ、イアン・マクレガンの4人。1965年に「What'cha Gonna Do About It」(全英14位)でデッカ・レコードよりデビュー(この時はまだイアン・マクレガンがメンバーでなく、ジミー・ウィンストン)し、その後は、「Sha La La La Lee」(全英3位)、「Hey Girl」(全英10位)、「All Or Nothing」(全英1位)、「My Mind's Eye(心の瞳)」(全英4位)とヒットを飛ばしますが、1967年にローリング・ストーンズのマネージャーだったアンドリュー・ルーグ・オールダムが設立したイミディエイト・レコードに移籍。レコード会社移籍後も、「Itchycoo Park(サイケデリック・パーク)」(全米16位/全英3位)、「Lazy Sunday」(全英2位)などのヒット曲を残し、1968年に制作したコンセプト・アルバム『Ogdens Nut Gone Flake』も全英No.1に輝きますが、1969年にスティーヴ・マリオットがザ・ハードのピーター・フランプトンとハンブル・パイを結成したために脱退してしまったために、残されたメンバーは当時解散したばかりのジェフ・ベック・グループのメンバーだったロン・ウッドとロッド・スチュワートをメンバーとして迎え入れ、それまでのバンド名だったスモール・フェイセスから"スモール"を取ったフェイセズとして新たに活動することになります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近は何をエントリしようとかあまり意識せずに、その時によく聴いているものをエントリするようにしているのですが、エントリするものが決まっていてもいざ文章を書こうとすると書けないことがよくありまして、特にこの冒頭の文章を書くのに苦労しております。元々文章下手
2006/12/28(木) 22:42 | BYRD'S SELECT MUSIC
HMVジャパン
Powered by . / Template by sukechan.