Listen To The Music
CD・DVD・書籍・雑誌・iPodなど音楽に関するあらゆるものをご紹介していきます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニッキー・ホプキンス Nicky Hopkins
2006年09月28日 (木) 00:40 | 編集
ニッキー・ホプキンスはイギリスを代表するセッション・ピアニストで、ローリング・ストーンズやビートルズ、キンクス、ザ・フーなど数多くの有名ロック・バンドの楽曲のセッションに参加。また第1期ジェフ・ベック・グループやクイックシルバー・メッセンジャーのメンバーとして活躍したりと、幅広く活動をしていましたが、1994年に残念ながら亡くなってしまいました。そんなセッション・ピアニストとしての活動が中心だったニッキー・ホプキンスでしたが、ソロ・アルバムも残していますのでご紹介したいと思います。



レヴォリューショナリー・ピアノ・オブ...
1966年に発表されたファースト・アルバム。キンクスやザ・フーを手がけたシェル・タルミーがプロデュースし、ニッキー・ホプキンスのピアノをメインにオーケストラを配した全編インストのアルバム。12曲中オリジナルが4曲で、あとはビートルズの「Yesterday」やローリング・ストーンズの「Satisfaction」などのカヴァー曲で構成されています。



The Tin Man Was a Dreamer
1973年発表のセカンド・アルバムで、邦題は『夢みる人』。こちらはすべて彼のオリジナル曲で、10曲中7曲で彼のヴォーカルが聴けます。このアルバムは彼名義のアルバムでは最高傑作でどの曲も素晴らしいのですが、特に2曲目の「Waiting Foe The Band」と4曲目の「Dolly」は絶品。ジョージ・ハリスン、ミック・テイラー、クラウス・フォアマンなどが参加。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
異常な猛暑に見舞われた7月も終わり、いよいよ夏本番の8月に入りましたが、8月に入ってからは台風などの影響からか幾分涼しい日が続いている感じがします。話は変わりますが、先月にアメリカのApple社からポータブル・オーディオ・プレイヤー"i Pod mini"が新
2007/12/08(土) 23:59 | BYRD'S SELECT MUSIC
HMVジャパン
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。