Listen To The Music
CD・DVD・書籍・雑誌・iPodなど音楽に関するあらゆるものをご紹介していきます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤードバーズ The Yardbirds
2007年01月12日 (金) 19:46 | 編集
ヤードバーズは1960年代にイギリスを中心に活躍したロック・バンドで、1964年のデビュー当初のメンバーはキース・レルフ、クリス・ドレヤ、ジム・マッカーティ、ポール・サムウェル・スミス、エリック・クラプトンの5人で、ブルースやR&Bのカヴァーを演奏していましたが、クラブでは評判となるもののレコードのセールスは今ひとつ伸び悩んでいました。それでより人気を獲得しようと職業ライターのグレアム・グールドマン作の「For Your Love」(全米6位/全英3位)を録音することになりますが、それに反発してエリック・クラプトンが脱退してしまいます。クラプトン抜きで録音された「For Your Love」(全米6位/全英3位)はシングルとしてリリースされ、ヤードバーズにとって初めての大ヒットとなります。そして、エリック・クラプトンの後任としてジェフ・ベックが加入し、「Heart Full Of Soul(ハートせつなく)」(全米9位/全英2位)、「Evil Hearted You(いじわるっ娘)」(全英3位)、「Shapes Of Things」(全米11位/全英3位)、「I'm A Man」(全米17位)、「Over Under Sideways Down」(全米13位/全英10位)などのヒットを飛ばして全盛期を迎えますが、次はポール・サムウェル・スミスが脱退してしまい、その代わりにジミー・ペイジがメンバーとして迎えられます。ジミー・ペイジが加入した当初は前任のポール・サムウェル・スミスがベースを担当していたことから彼もベースを弾いていましたが、リズム・ギターのクリス・ドレヤとの技量の差は歴然としていたためにギターに転向し、ジェフ・ベックとのツイン・リード・ギターが実現します。しかし、ベックとペイジによるツイン・リード時代は長く続かず、「Happenings Ten Years Time Ago(幻の10年)」(全米30位/全英43位)、「Stroll On」など数曲を録音しただけでジェフ・ベックは脱退してしまいます。その後は4人だけで活動を続け、キース・レルフとジム・マッカーティが脱退した1968年7月に実質上解散ということになります。













スポンサーサイト
HMVジャパン
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。